スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猟夜

猟夜
パワー EX 全マビフター中最強のパワーを持つ破壊的なラインマン。
第2世代ルールのマビフト公式戦において、最も多く『破壊神』を受賞した。
彼が破壊神を受賞する事はもはやお約束。
ライン専門でありながら個人賞の獲得賞金額は全プレイヤー中4位(第30回公式戦時点のデータ)であり、ラインのプレイヤーが取りうる『破壊神』『守護神』のみの獲得賞金額では、群を抜いて1位である。
タフネス S+ パワーと同じく、非常に高い耐久力を持つ。
トップクラスのラインマンが相手でも、パワーが互角の相手にはタフネスで、タフネスで互角の相手にはパワーで優っている為、正面きっての殴り合いは基本的に無敵である。
ラン
ガード S+ 猟夜が相手守備をなぎ倒し、【ぺぷこ】が壁裏タッチダウンを取る『殲滅作戦』は【猟夜チーム】の代名詞とも言える花形プレーである。
圧倒的なパワーに目が向きがちだが、ぺぷこの指揮する作戦を精密に再現・遂行するガード技術の持ち主でもある。
守備 B 人間でありながら守備のセンスが光る。
相手ラインの攻撃を遮り、味方のバックスが飛び出す隙を作る、と言う基本は抑えながらも、自らの射程内を通過しようとするランナーは、直接仕留めてしまう。
備考 公式戦は第4回から参戦。実は初期参入の隠れ古参プレイヤー。
初出場と共に破壊神を受賞し、以降も出場する度に破壊神を持って行く、。

第23回公式戦の後、自分と専門に組む強力なラインマンが欲しいと考えていたぺぷこにスカウトされ、これを承諾。第24回公式戦以後より、ぺぷこと共に出場し始める。

猟夜から見たぺぷこは、それまでの『猟夜チーム』に足りなかった「マビフト戦術」、「バックス戦力」であり、
ぺぷこから見た猟夜は、ぺぷこに足りなかった「作戦を信頼し、精密に遂行してくれる仲間」であった。

互いの不足を補う、異常なまでにに相性のいいパートナーを見つけ、この後、マビフト第二世代の後期を代表するトッププレイヤーへと成長する。


アイシールド21で言うと『峨王力哉』
白秋ダイナソーズの一年で、身長204cm、体重145kg、
ベンチプレス210kgの、高校最強のラインマン。

白秋ダイナソーズの基本戦術であり花形プレー、『北南(ノースサウス)ゲーム』の中核となる人物。

『北南(ノースサウス)ゲーム』とは、北から南へ、相手ラインマンをなぎ倒しながら、ただ一直線に力押ししていく、「それが出来れば苦労はしない」と言う類の、理想のスタイル、なのだが、白秋の場合は話が別で、寧ろ「峨王を止める事が出来なければ絶対に止まらない」という理不尽な強力さである。

初登場シーン(コミック23巻)は必見。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ぺぷこ

Author:ぺぷこ

キホールサーバー在住

普段は床に座って怠けてる魔法エルフ

マビフトでは『最も優れたバックス』

最近は頭にチューリップが生えている

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
カウンター
リンク

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。