スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

種族 - ポジションとプレイスタイルの向き不向き

【人間】
攻撃力:A / 耐久力:S / スピード:D

ラン適性:B。大量得点or無得点。得点の振れ幅が大きく、リスクが高い。
基本的には試合終盤に劣勢のチームが行う程度なのだが、ガードのパワー&テクニック、そしてチームの連携によって、実戦レベルまで磨き上げると、kstチームが完成する。

ガード適性:A
突進&ミルが使用可能。ジャイアントと比較して長期戦に優れる。
ジャイアントより足が遅い分、リードブロックは突進頼みとなる事が多い

守備適正:D
スピードが最も遅い為、ランナーを直接追う役割は向いていない。
耐久力を生かして、担当守備ゾーンを守り続ける【ゾーンディフェンス】が主な役割であると言える。

全種族中、唯一盾が装備可能な人間は、耐久力の面において最も優れる。
習得スキルやタイトルによって得られるStrではジャイアントに劣るかもしれないが、使用可能な装備・エンチャントが多く、盾でもエンチャント効果を得られる事から、極まった人間キャラクターの攻撃力はジャイアントにも匹敵する。
耐久力が高い分、正面からの殴り合いではジャイアントに対して優位性がある。

スピードが遅い分、3種族の内、最もキャラクターのスペックを要求されるのはこの人間である。


【ジャイアント】
攻撃力:S / 耐久力:B / スピード:B
使用可能スキル:アタック/ディフェンス/スマッシュ/カウンター/突進(攻撃時)/ストンプ(専用)/回避

ラン適性:S
得点と速さのバランスが良い。ノーマルTDの獲得点がエルフの1.5倍の3点である為、
タッチダウン率66%でエルフの100%と等価である。(ボーナスTDを考慮しない場合)
1大会の最高得点、13ラン13タッチダウン39点は、ジャイアントのぽんひぐま氏が出した記録である。

ガード適性:A
突進&ストンプを使用可能。人間と比較して速攻に優れる。
人間との正面からの殴り合いでは、耐久面において不利である。

守備適正:B
ゾーンディフェンス、マンツーマンディフェンス、プレスディフェンス、全ての守備スタイルを使用可能。

総じて能力が高く、全てのポジションを高いレベルでこなせる為、もっとも成績を稼ぎやすい種族であると言える。
攻撃時にランナーを担当し、守備時にセーフティを務めるバックス的な立ち回りなら、キャラスペックを問われ難い。
攻撃時にガードを担当し、守備時にも相手ラインとの殴り合いを務めるラインマン的な立ち回りなら、キャラスペックが高い方がよい。

【エルフ】
攻撃力:C / 耐久力:C / スピード:S
使用可能スキル:アタック/ディフェンス/回避

ラン適性:A
相手守備の真逆に走る事で、ガードが打ち負けている状況でもある程度生存が可能。
スピードを生かした多種多様なランプレーを武器に、安定した得点を期待できるのが特徴。

ガード適性:D
突進が使用出来ない為、他の2種族に圧倒的に劣る。

守備適正:S
最も足が速い為、相手ランナーを直接狙う役割が向いている。

スキルから得られるステータス、使用可能なスキル制限等から、最終的には他の2種族を力で打倒する事は困難である。
ガードを仲間に託し、ランとブロックに力を注ぐ、バックス専門とも言える種族。
3種族中、最もキャラクタースペックを問われ難い。
ただし、相手ラインマンの攻撃をディフェンスで1発位は受け止められる様になった方が、守備面でプレイの幅が広がり有利である。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ぺぷこ

Author:ぺぷこ

キホールサーバー在住

普段は床に座って怠けてる魔法エルフ

マビフトでは『最も優れたバックス』

最近は頭にチューリップが生えている

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
カウンター
リンク

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。