FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランルート - 基礎

ランルートとは、その名の通り『ランナーの走る道』である。
これをあらかじめ定めて走る事で、
①敵の対応を誘導する
②ガードとの連携が容易になる
というメリットを生み出すことが出来る。

タッチダウン目標とは反対側の陣地を守る守備側プレイヤーは、ディフェンススキルを解除しなくてはならない。
ディフェンス時は移動が歩きになってしまい、エルフでも人間の走り未満のスピードとなってしまう為である。

これにより、ランナーの初動には、その目標に見える陣地の逆側の敵を引き付けた上で、突進への耐性を低下させる効果が有ると言える。

『正面に走れば、クロスの敵が走って駆けつける』
クロスの守備「まてー」

『クロスに走れば、正面の敵が走って駆けつける』
正面の守備「まてー」

『目標の逆側に居る相手守備プレイヤーは走らなければならない』
『走る為にはディフェンスを解除しなければならない』
と言う二つの前提を相手に強要できるのだ。

この二つを基点として、試合中盤、およそ試合開始2~5秒後の相手の対応を前提に組み込んだランルートを決める事が出来る。

例:ぺぷこも良く使うランルートの一つ
1.正面狙いと見せかけて
おれはものすごく正面にタッチダウンがしたい

2.タイミングを見計らって敵の目前で引き返し、クロスへ
ような気がしていたがそんな事はなかったぜ

正面の敵に対してプルアタックを仕掛けつつ、逆サイドの守備もディフェンスを解除して走って居る為、突進が通りやすい状況になっている。

この様に、相手の守備の動きを誘導し、読み易くする事で、より効果的な攻撃作戦を敷く事が出来る。

ランルートはフェイント1回で『正面と見せてクロス』、フェイント2回で『正面と見せかけてクロスと見せかけてやっぱり正面』等、色々あるが、基本的には、『人間の守備の反対』を狙うと効果が高い。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ぺぷこ

Author:ぺぷこ

キホールサーバー在住

普段は床に座って怠けてる魔法エルフ

マビフトでは『最も優れたバックス』

最近は頭にチューリップが生えている

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
カウンター
リンク

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。